各名刺入れブランドの紹介



ブランド「FARO」のメンズ名刺入れと言えば、貴方は何を思い浮かべますか。

またFAROをご存じない方もいらっしゃると思います。



FAROの名刺入れと言えば、デザインの格好良さ、薄さを追求している部分があります。

薄ければその分、名刺も多く入らないと思いますが、FAROはデザインを追求しています。

機能性よりデザインに人気があります。



ですから、機能性だけを重点に置くならばFAROの名刺入れは、貴方向きではないと言えるかもしれません。しかし、ビジネスにおいて、名詞交換の際に名刺は相手に見られます。



その際に良い印象を与えるには、デザインは重要視するべきだと思います。



おすすめは、FAROの「CAVIRO KLISPEL CALF LIMITED MODEL(カヴィロ クリスペルカーフリミテッドモデル)」です。



素材は1873年から続くマズール社のタンナーにより作られたものです。

タンナーとは、革小物や鞄等を作る職人です。その職人により牛側から作成された最高級レザーです。



職人によるなめし革。FAROのブランド名を知らない方でも、一度、この名刺入れを見て頂ければ、FAROの名刺入れの素材の良さ、高級感を感じて頂けると思います。



まず、見た目がシックで渋いです。大人の雰囲気漂う名刺入れとして、ビジネスの場で相手に悪い印象は与えないでしょう。それでいて、安っぽさは無く、シンプルでありながらも高級感、清潔感を兼ね備えています。



財布のように物を多く入れすぎてしまうと、せっかくのデザインが駄目になっていまいそうですが、マチを薄くし、デザインが悪く見えないように、調整されております。



若いメンズにはシンプル過ぎるかと思われがちですが、逆に若い方ほど、名刺を交換する相手の方に誠実な印象を与えると思います。



価格もそれ程高い物では無く、シンプルでありながらも、高級感溢れるこの名刺入れ。



貴方のビジネスのお供として、非常におすすめの一品です。